記事体広告

この安価な自撮りドローンが日本でブームになっている。その理由を追及しました

2時間前 , 盛岡 悟

この新型ドロンは日本でブームになっている。機能は抜群で、価格も手ごろ。
main

Tactic AIR Droneを市場の中で際立たせている特徴はこちら:

  • 従来の大きくて重い自撮りドローンより、かなりコンパクトで軽量なので、持ち運びやすい
  • 他の有名メーカーのドローンよりもかなり安いが、高性能
  • 使いやすくて、ドローンを飛ばした経験がない人でも簡単に使える
  • Even Tactic AIR Droneは使いやすいでありがなら、以下のような高度な機能を持っている。ハンドジェスチャーで操作できる、カメラが2つ付いている、動く物体の後を自動でついて行く機能(トラッキングモード)。強風の中でも一定の高度を維持でき、安定した飛行を保てる。画質を1080pと4kで切り替えられる。

スマートフォンへの無線LAN送信や高度なナビゲーションを楽しめるために専用のアプリをダウンロードできる。SDカードとリモコンも付属しているので、それらの機能を使用しないならアプリは不要なのだ。

いつでもポケットの中に入れられるこの小さなドローンは、HDカメラの使用方法は何万通りもあり、使いたいときにいつでも、どこでも使用できる。

どうして、このドローンがまさしくあなたが必要としているものだと言えるのでしょうか?

Tactic AIR Drone は有名メーカーのものより価格は安いが性能では、それらに勝るとも劣らない。また、スマートで折りたたみ可能なデザインによって、持ち運びに便利だ。

操縦は直感的で、このドローンを使っていれば誰もがプロのドローン撮影家のように撮れる。

今までドローンを操縦したことない?心配しなくてもいいのだ。

文字通り、数分で大空に羽ばせることができる。

Tactic AIR Droneを操るのはとても簡単で、とてもおもしろいので、一度始めたらやめられないはずだ。

プロの方?有名メーカーの製品が持っている、プロの方が望む全機能が、低価格で手に入れられる。

Tactic AIR Drone を気に入った最新のガジェットとして考えてみればいいのだ。プロが撮影に使うドローンを、あなたが、大自然の中での忘れられないような瞬間であったり、家族や友人との忘れられないような瞬間を撮れるために使える。8歳の子供が飛ばせるくらい簡単に操縦でるし、旅行ブログをやっているハイテクオタクの方が壮大な映像が撮れる高機能だ。

下記の動画では、Tactic AIR Droneの飛行を鑑賞できる。

Tactic AIR Droneの特徴は何でしょうか?

もしTatic Air Droneと他のドローンとの決定的な違いが何なのか聞かれると、ドローンを飛ばしてみれば、ドローンの操縦が全くの初心者であっても熟練のプロのように見えてしまうと言うことだ。Tactic AIR Drone を操縦するのはとても簡単だ。スマートで多機能なリモコンとアプリを使えば楽に操縦できる。あなたはすぐに素晴らしい映像を撮れるはずだよ。



自動的なフライトアシスト

インテリジェントフライトモードを使えばドローンが安全に離着陸できる。また自分でもできると思っていなかったような、フリップしたり回転したりする技を披露することができる。

広角の1080pと4k カメラ

高解像度(小容量のサイズのファイルや高速通信が必要な場合)と超高解像度から画質を選ぶことができる。

とても解像度の高い画像を得ることができると保証する。二つのカメラがついてるので、二つの画角からあらゆるものを同時に撮影できる。

ものすごい高さから写真を撮ることができる

200メートルの高さからでも写真と動画が撮れる。だから、自分の撮りたいピッタリのアングルから撮影でき、高解像度で高画質の画像を撮れる。

折りたためて軽量ー持ち運びに便利

デジタル一眼レフカメラが重くてかさばるので持ち運ぶのは大変だよね。

しかしTactic AIR Drone は違う。畳むことができるし、1kgの半分程度の重さで、大きめのポケットの中に収まるサイズだ。MacbookとMacbook Air の違いと同じようなものだと考えればいい―Tactic Air Drone はMacbook Airだ!

なぜ高品質のドローンがこんなに安いのでしょうか?

それは単純な話だ:ネームバリューのあるブランドはその分割高なのだ。Tactic Air Drone は新興ブランドで、素晴らしい製品を低コストで作ることに尽力している。こちらのメーカは高級ブランドにして製品の価格を高めに設置していないのだ。

発売前に市場調査を行った結果、一般の人が品質ではなくブランド名を気にして商品を購入することが分かった。今では高品質のドローンを作るのに、それ程コストはかからない。かつては高価な技術だったものが今ではごくごく基礎的なものになっている。あなたが警察の職務やトルネードに対応することができるドローンを求めている場合は別だが、そうでなければ十分に満足できる。

販売価格にそれだけの価値があるのか?

もちろん、あるよ!

Tactic AIR Drone のように精巧にデザインされているドローンの価格は大体30,000から40,000円の価格帯だ。ブランドによってはもっと高額になることもある。

しかし、Tactic AIR Droneは11,000円もしないのだ。


    キャンペーン実施中
: とても操作性のいいこのTactic AIR Droneを10,700円で手に 入れることができる (キャンペーン実施期間中) このクオリティのドローンを手に入れるには手ごろな価格でしょう!    

公式なサイトで手に入れましょう  在庫が残っているうちに!

主な機能

  • 4つのチャンネル、LEDライト、6軸ジャイロ、ジャイロ補正機能、停止防止機能、低電力保護を搭載
  • 飛行中は、前後 、上下、左右の動きやホバーリングの操作が可能
  • 離陸用、着陸用、緊急停止用それぞれの専用ボタン
  • 高速、低速でのファイル送信が可能
  • ・2つのカメラと4kと1080pの画質切り替え。切り替えれば二つの角度からの撮影を確認できる
  • ヘッドレスモード
  • 先端の密度気圧計と重力計を搭載し、一定の高度を正確に維持できる
  • リアルタイムWi-Fi接続、スマートフォンでの操作、アプリを通じた先端のナビゲーション機能を搭載
  • 折りたたみ可能で、簡単に運ぶことができる(重量150グラム)
  • 長時間の飛行を可能にする大容量バッテリー
  • カメラの撮影角度が自動調整でき、動く物体を追う機能搭載(トラッキングモード)。ジェスチャーコントロール機能も。
  • ・充電池式リモートコントローラー(3.7V、300mAhのリチウムイオン内蔵)で、200m先からドローンを操作できる

* キャンペーン実施中 10,700円  vs 21,000 円  - -在庫がある限り.

在庫を確認する >>>